自転車小物を買いました

今日は天草サイクルマラソンの日でしたが、あいにくの雨だったようです。
私も参加したかったのですが、仕事の予定が読めなかったのでエントリーしていませんでした。
出走したみなさん。おつかれさまでした。雨で出走を断念した方、残念でした。

さて、私はというと、楽天ポイントの有効期限が切れそうなので、慌ててライトとついでにケミカルを購入しました。
自転車用のライトはもっているのですが、普段乗りの通勤号にマウントをつけているので、FP5用に購入しました。
通常はライトはつけていないのですが、今度のツール・ド・国東では真っ暗なトンネルをいくつも通らなければならないので、ライトは必須です。そこで、簡単に脱着ができる、Kong Strobeにしました。
バンドがシリコーンでできていて伸縮するので、ハンドルに巻き付けます。
20110306_01.jpeg

付けるとこんな感じです。
20110306_02.jpeg

ケミカルはチェーンにはFINISH LINEのCeramic Wax Lubeを使っているのですが、他のメカ部分用にTeflon Plus Lube Dryのエアゾールタイプ(240ml)を購入しました。
長いノズルがついていなかったので、ホームセンターで調達して取り付けてみました。
これで、ピンポイントで注油できます。
20110306_03.jpeg

使い心地はというと、シュッと一吹きすると、しばらくして液が浸透していく感じです。
ディレイラーやブレーキピポットに注油し、余分な油を拭き取り、メンテナンス終了です。
スポンサーサイト

トルクレンチ購入

最近、自転車を車載する機会が増えたけど、車内がそれほど高くないので、サドルを一番下まで下げないと載りません。
当然、シートクランプを緩めたり締めたりするのですが、これまでは適当な加減で締めていました。
でも、やっぱり適正トルクで締めた方が、自転車にはやさしいだろうということで、トルクレンチを買うことにしました。一応、カーボンフレームだし。

いろいろ調べてみると、高いものからまあまあのものまであります。
要求する仕様としては、3~15Nmくらいまで対応して、予算は1万円くらいです。
東日のQL12N4が良さそうなのでいろんなネットショップやヤフオクを見てみましたが、ちょっと予算オーバー。
使用頻度などを考えるともっと手頃なものでもいいような気がしてきました。

皆さんはどんなのを使っているのだろうと調べてみると、BBBのBTL-52やグランジのコンパクトトルクレンチというのが出てきました。ただ、どちらもグリップの部分でトルク設定をするようになっているので、使いにくいような気がしました。

しばらくどうしようかと迷っていたのですが、何気なく、Chain Reaction Cyclingで工具を見ていると、BBBのBTL-73というのがあり、これは、グリップのエンド部分にあるつまみでトルクを調整するようになっています。トルク設定後、ロックできるようになっており、なかなか良さそうです。

丁度、割引クーポンがあったのでこれに決め、注文しました。送料込みで約7,000円でした。
約1週間後、無事到着。
20110305_01.jpeg

20110305_02.jpeg

20110305_03.jpeg

とりあえず、適当に締めていたシートポストをメーカー推奨の6Nmにするため、まずは、5Nmで締めてみて、その後、6Nmまで締めてみました。感触としては、いままでもだいたい適切なトルクで締めていたみたいですが、設定された力できちんと締めたという安心感があります。

それほど使用頻度が高いというものではないけど、これから活躍してくれるでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。